<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

マクロビオティックとの出会い

マクロビオティックとの出会い

私がマクロビオティックと出会ったのは、20歳の頃でした。
実に18年前の出来事ですが、何故マクロビオティックに出会ったのか、今ではよく覚えていません。

ですがその頃の私は、今よりももっと直感だけで生きていた頃で、それこそ直感がくれば、相手に恋人がいようがお構いなしで、「好きなんです。私と一緒に住んでください」と躊躇せず告白してしまうような、ピンとくれば何も考えず翌日にでも引っ越してしまうようなそんな女でした。

だからマクロビオティックレストランに足を運んだのも、ピンときたからとしか言いようがないのですが・・・。(マクロビオティックという言葉さえも知りませんでしたから。)
ただお肉を使っていないという言葉に惹かれたのだと思います。

初めて食べたマクロビ料理

初めて食べたマクロビオティック料理は「テンペのバーガー」だったと思います。
すごく気に入って、何度も食べたのを覚えています。
他のものを思い出せないぐらいテンペのバーガーが印象深いです。
恐らくテンペのバーガーが一番安かったんだと思います。
当時の私には決して安くないお値段だったので、最もリーズナブルなものを食べていたのではないでしょうか。

しばらく凝ったように思いますが、当然のことながら当時の私のライフスタイル全般にその食事は継続しがたく、いつしかマクロビオティックの存在は忘れてしまいました。

やめたり始めたりのマクロビ生活

それから数年で、やはり体調を崩し、再び玄米食になりました。
病院で乳製品があまり体にあっていないことを聞かされ、しばらく口にしない日々がありました。

それでも再び気づけば元通りのライフスタイルに戻っていました。

さらに月日が流れ34歳ぐらいになった時、お肉を食べると、食べた瞬間から体が拒絶反応を示してお腹をくだす、ということが続きました。
元々お肉は子供の頃からあまり食べる方ではなかったのですが、付き合い程度には時々食べていました。
それに私はとても美食家で味にはうるさいほうで、お肉ではなくともあらゆるジャンルの美味しいもの、さらに言えばリッチな食生活を満喫していました。
だから時にお肉を食べる時も、やはりいいお肉は美味しいと思ったし、決して嫌いではありませんでした。
だけど食べる度にお腹を下すので(食べている途中でそのような状態に陥る)、いい加減辞めざるを得ない状況になり、再びマクロビオティック生活へ。

復活!!マクロビ生活

「らでぃっしゅぼーや」(有機栽培野菜の宅配業者)で有機野菜を取り、穀物と野菜の生活へ突入。
「有機野菜ってなんて美味しいんだろう!味がある。甘味がある。水っぽくない。」
元々野菜好きだったので全然苦ではありませんでした。
ただ当時つきあっていたBFにはかなり不評でした。
彼は肉好きでしたので、外食時にしばしばそのことでもめました。
・・・で外では時々付き合い程度に肉も食べ、自宅ではマクロビという生活がしばらく続きました。

・・・がそれも、その後付き合ったBFがもっとそういったものを受け入れがたい人だったこともあり、彼に料理を作る時も当然マクロビでなく普通食だったので、また再び普通食へ。

体の異変

ところがこれまた半年強で体調がおかしくなり、BFと別れると同時にまたマクロビ生活へ。
自分の体にあったものは体が教えてくれるんだなぁと実感。
私はエネルギーを扱う仕事だからというのもありますが、本当に自分でも敏感な人間だと思います。自分の波動にあっていないものを摂取すると、たちまち体に出ます。

この時は舌に変化が表れて、自分が「陰陽のバランス」を崩しているのだということに気づかされました。(マクロビでは陰陽のバランスを考えます)
加えて、多忙な毎日でエネルギーが消耗していたため、甘いもの(これだけはなかなか止められなかった)へのグレービングが加速していたのでした。
甘いものはマクロビ的には「極陰」に属します。
体が「陰」に傾きすぎると、膨張しすぎるというか緩みすぎて、ぼんやりしたり、くよくよしたり、淋しくなったり、神経過敏になったり、疲れやすくなります。

食事が肉体や精神に及ぼす影響

食べてるものって意外に重要で、肉体状態だけではなく、その人の精神状態にまで大きく作用します。
現在増えているといわれる多動児(落ち着きがなく行動過多な子供)はジャンクフードや甘いものが原因との研究結果もあります。

私の場合も、どんどん甘いものへのグレービングが加速していき、「疲れたら甘いものを摂る」というのが習慣になっていました。
そうするとどうなるかというと・・・甘いものを摂らないと元気が出ないという状態になり、しかもどんどん体は疲れやすく、心理的には神経過敏になっていきます。

私のハイアーセルフは私に「情報を与えるのが大好き」なので、毎日毎日、溢れるぐらいの情報を私に寄越してくれます。時についていけなくなるぐらい・・・。
で時々私は逆らいます。
だけど、いよいよ肉体や精神に症状が表れ、逆らいようがなくなってきたので、再びマクロビオティック生活へ突入したのでした。

そんなわけで、これから私が実践しているマクロビオティック生活を、心や体の状態とリンクさせながら少しずつアップしていく予定です。

基本的には自分で作りますが、お昼はたまにマクロビ弁当を買ってきて食べたりします。
d0056321_23924.jpg

d0056321_2392278.jpg


もうひとつのエキサイトブログ「透視カウンセラーERIKOのワンダフルライフ」
[PR]
by aura-lagrace | 2005-09-25 01:00 | マクロビオティック

瞑想・マラカイト

私は瞑想好きで、時間があれば瞑想をしています。
やることがなければとりあえず、瞑想・・・みたいな。(笑)
元々自分の内側に入っていく作業が好きなので、瞑想は私にとって心地いい時間なのです。

普段瞑想する時はイスに腰掛けてすることが多いですが、時にヨガのパドマアーサナのポーズで瞑想します。(ちなみに私は股関節が固く、完全なパドマアーサナができないので、片足だけ)

そして時々、パワーストーンを使って瞑想します。
私はクリスタルなどの「石」が大好きで密かに買い集めていますので、時々これらの石を使って瞑想をします。

もうずいぶん前の話ですが(4年近く前)、ある時マラカイトを使って瞑想をしていました。

マラカイトは古代エジプト時代から用いられているパワーストーンで、否定的なパターンを引き出し表面化させる「浄化」や「変容」を促す特性があります。
緑色をしたとてもパワフルなヒーリングストーンです。

これはマラカイトのエッグです。
d0056321_1113517.jpg

画像が悪くて申し訳ないですが・・。

私は瞑想をしている時に美しい色を見ることが多いのですが、この時も最初は淡いブルーの美しいエネルギーを見ていました。
しばらくそんな状態で心地よく瞑想をしていました。
どんどん意識が深くに入っていき、自分の中心で時間が止まったような感覚に浸っている時、突然、私はあるビジョンを見て驚きました。

それは私がとても恐れていたものだったからです。

私が見たのは「蛇」のビジョンでした。
そして私は異常なぐらい「蛇」が嫌いでした。
普通に人が「嫌い」という枠を超えて、恐怖だったのです。
それも常軌を逸したレベルの恐怖です。
あまりの恐怖に「私はひょっとしたら精神病なのでは?」と疑ったことがあるぐらい恐怖だったのです。(今はある程度その恐怖の原因をヒーリングしてしまったので、それほどの恐怖はないですが)

だからそのビジョンを見た瞬間、私はただちに瞑想をやめ、マラカイトをしまって、というか封印して、実はそれ以来、1回も使っていません。
その後、それに関する恐怖が芋づる式に浮上して、大変でした。

それぐらいパワフルにマラカイトは働きます。
スピリチュアルな成長の妨げになっている原因を引き出して示してくれるのです。

そのようなわけで、これはとてもパワフルなヒーリングストーンですが、自分の奥深くに隠された否定的なパターンを解放する準備ができていない人にはお勧めできません。

パワーストーンは無数にありますが、それをどう使うかはクリスタルセミナーやカトリーナ・ラファエルなどのクリスタル関連の書籍で、基本的なことは学びました。
後は私の場合は、石と会話をするという形式で、自ら様々な使い方を試しています。
石に聞けば、だいたいどのように使えばいいかということをそれ自身が教えてくれます。
そのようにしてヒーリングストーンとワークすることは、毎回、石の種類や使い方によって新たな発見を与えてくれるので、とてもワクワクします。

ただ私は、日々の瞑想では基本的にはストーンは使いません。
私は透視能力者なので、自分自身のエネルギーだけの純粋な状態で確認したいことがあるからというのが理由です。
それでも時にストーンを使ったワークは新しい気づきを自分に与えてくれることがあるので、とても楽しいものです。

(注)レバナの元で透視能力のトレーニングを始めたばかりの人にはストーンなどを使うことはお勧めできません。
パワーストーンはエネルギーに変化を起こすので、透視のトレーニングによるシフトとストーンによるエネルギー変化で混乱が起こるからです。ある程度自分のエネルギーの質を把握してからのほうがよいでしょう。
特に透視能力の開発をしている方は、チャクラの上に石を置くことはタブーです。
なかでも第6チャクラの上に置くことは致命的なダメージを与えるようです。
[PR]
by aura-lagrace | 2005-09-23 00:51 | パワーストーン

地に足をつける精油

私はアロマテラピストであるだけでなく透視カウンセラーでもあるので、クライアントがやってきた時に、その人が地に足が着いた人かそうでない人かというのを瞬時に見分けます。

地に足をつけることをスピリチュアルな世界ではグラウンディングといいますが、これが弱いと、望む現実を生み出すのが非常に難しくなるだけでなく肉体的な健康面にも様々な問題が出てきます。
特別に何らかの病気にならなかったとしても、どこか肉体的にしっくりこなかったり、パワーがなくなったり、手足が冷えていたり。

何より、生きる上で安心感が得られにくいというか、どこか不安感を抱きやすい状態になるわけです。

だから不安感が強いクライアント、現実化が難しいクライアント、肉体面で何かしら不調に見舞われているクライアントには、まずこのグラウンディングを強くする効果のある精油を使用することが多々あります。

その中で私が最も効果的だと思っている精油が「ヴェティバー」です。
これは特に不安感が強い人に有効なように思えます。
不安感が強いあまり思考の堂々巡りをやっているタイプの人に安心感を与えて、現実に引き戻す作用があるように思います。
大地を想起させるようなアーシーな重い香りで、安定感を得られます。
安心感を得られるので、不安で不眠に陥っている人にもお勧めしたい精油です。

グラウンディングが弱く、オーラが上のほうに浮きがちな人は、試す価値がある精油のひとつでしょう。

この他私が好んで使用するのはパチューリ、サンダルウッド、シダーウッド、ベンゾイン、フランキンセンスです。
だけどグラウンディングの目的では、やはりヴェティバーとパチューリが最も使用頻度が多いかもしれません。
大地とつながる、現実とつながる、浮きがちなオーラを大地まで引き下げるという点においては最初にチョイスする確立が高いです。

ふたつとも比較的安全な精油ですが、いかなる精油であれ連続使用するのは好ましくありません。それは肉体が慣れてしまって、効果が表れにくくなってくるからです。エネルギー的にも同様で、依存することよりも補助的な意味合いで使用することがベストでしょう。

ヴェティバーは通経作用があるので、妊婦の方は使用しないことをお勧めします。
ホルモンを正常化させる働きがあるので、少量月経や無月経の方は試す価値があります。
この精油の注意点をあげるとすると、これは香りが濃厚なので、どんな場合でも1滴で十分事足りるという点でしょうか。(場合によっては半滴でもいい)
香りの持続性も高いので、くれぐれも濃度の点は注意すべきでしょう。

自宅で使用される場合は、入浴時に1滴バスタブに入れ、よくかき混ぜて入浴する方法や、アロナバーナーで1滴(もしくは半滴)+柑橘系の精油などと一緒に焚いて芳香浴されるといいでしょう。

マッサージオイルを作る場合は
グレープフルーツ+イランイラン+ヴェティバーなどの組み合わせにすると、高いリラックス効果が得られるでしょう。
私は個人的にはグレープフルーツ+サイプレス+ヴェティバーのブレンドをしばしば使用します。これまでの経験から、これは変化に伴う恐れや不安が出ている人にとてもいいように思います。
いずれのブレンドもヴェティバーは1滴以下をお勧めします。
割合としては柑橘系5~6に対しサイプレスやイランイランなどは3、そしてヴェティバー1以下。

もうひとつのエキサイトブログ「透視カウンセラーERIKOのワンダフルライフ」
[PR]
by aura-lagrace | 2005-09-21 00:35 | 症状別アロマテラピー

香りでなりたい自分になる!

まだアロマテラピーの学生だった頃、授業中にこんなことをやったことがありました。

それぞれの精油を人に置き換えたら、いったいどんなパーソナリティを思い浮かべるか。
たとえば、「ラベンダーの香りからイメージできる人ってどんな人?」っていう具合にです。
多くの人が「親切で穏やかな人」というイメージや「優しい人」というイメージをラベンダーについて抱いていました。
d0056321_17354182.jpg
「じゃあ、イランイランは?」
「イランイランは原色の派手なプリントのワンピースを着た女性みたい!」と誰かが言えば、
「うん、私も、南国調のよく喋る女性って感じがする。」と別の誰かもうなづく。

「カモミールはどう?」
「カモミールは大人しい弱弱しい女性かしら?」と誰かが言えば、
「私はうるさい女性って感じがするわ」とまったく逆の意見が出たり・・・。

こんなことを、あらゆる精油をあげながらそれぞれの意見交換をしたのですが、一致する意見もあれば、まったく逆もあったりで、香りのイメージって、受け取る側の感性によって異なるものなんだなぁと興味深く感じたのを覚えています。

私は私なりの香りのイメージというものがあって、それをアロマオイルのブレンドの際に加味したりすることもあります。
たとえば、シャープで客観的な目を持った自分になりたい時はローズマリーとか、素直で穏やかな自分になりたい時はマンダリンみたいな感じで。

時折、精油を使って香水や香油を作る時に、この香りのイメージを使って創作します。
「洗練された大人の女性」というイメージの香りを身につけたい時は、ローズウッドやフランキンセンスがすぐに浮かんできますし、「官能的な大人の女性」的気分を盛り上げたい時なら、私は迷いなくジャスミンとサンダルウッド、コリアンダーなどを選びます。

香りの効果って本当にバカにできないというか、自分が抱くイメージの香りを使うことによって、そのイメージに自分を近づける力があるように思います。

だから私は、時々精油選びにつまった時、クライアントの方にこう聞くことがあります。
「どんな気分になりたいですか?」
それを聞くことによって、そのクライアントが求めているイメージ、なりたい自分、こうありたい気分というものが簡単にわかる場合もあるからです。

時には「なりたい自分」に焦点をあてて、精油選びをするのも楽しいものです。

是非みなさまも、自由な発想で、イメージをふくらませて遊んでみてください。
自分なりの香りに抱くイメージがわかれば、自分が元気になりたい時はそういうイメージのものを使って、自分に力を与えるという使い方もできるのです。
そしてこれまでの経験から見ても、それは潜在意識に働きかける効果が非常に高いように私は思います。

[PR]
by aura-lagrace | 2005-09-20 00:50 | アロマよまやま話

ベーシックな精油から揃えよう!

アロマテラピーに興味を持ち始めたら、最初に購入されるといいのがアロマバーナーとベーシックな精油です。

アロマバーナーは部屋に香りを拡散させる装置のことですが、これは単にお部屋にいい香りを漂わせるという目的だけではなく、使用する精油によっては空気中のウィルスを殺菌する効果があったり、空気を清浄にする効果があったりするのです。

アロマバーナーにはキャンドルで温めるタイプのものと電気式のものがありますが、小さなお子様がいらっしゃる家庭や、主に就寝時に寝室で焚く場合は電気式のもののほうが安全でしょう。
お値段的にはだいたい¥2,000~¥3,000で入手できます。
d0056321_052733.jpg
精油で最初に購入すべきものは、やはりラヴェンダーでしょう。
これは最も使用範囲が広く、しかも安全性が高い精油です。
お値段的にも10ml¥2,500前後が相場です。
フランスのプロヴァンス地方のものが多いですが、標高の高いところで採れた精油のほうが、低いところで採れた精油よりも、豊かで、より甘い香りがします。

次にローズマリーや柑橘系(スィートオレンジ、グレープフルーツ、レモン、ベルガモット、マンダリンなど)があると便利です。
それからティートリーやペパーミント、ユーカリなど風邪対策に役立つものや、イランイランなどのリラックス特性が高いものもあると役立つでしょう。
カモミールもマイルドな精油でリラックス特性が強く使用範囲も広いですが、これは決してリーズナブルではありません。(香りの好き好きもわかれますし・・・)

その他、ホルモンバランスを整えたい人はゼラニウムやクラリセージなども役立つでしょう。
ジュニパーベリーやサイプレスなどは利尿効果が高く、浄化に役立つ精油です。

私がクライアントの方々に最初に勧めるのが、こういった精油を使って、アロマバーナーでお部屋に香りを拡散させたり、お風呂に入れて芳香浴する方法です。
どちらも楽しみながら生活に取り入れられる簡単な方法だからです。
今はたくさんの素人向けの書籍も出ていますので、できるだけシンプルで簡単なものを1冊購入されて参考になさるのもいいでしょう。
そして何かわからないことがある場合は、アロマテラピストにマッサージを受けに行かれた時や、精油を購入しにショップに行った際に、アロマテラピストに質問されるといいかもしれません。

まずはあまり難しく考えず、最初の一歩を始めてみてください。
アロマテラピーは生活の中で使ってこそ、より効果的で楽しめるものなのです。
きっとあなたもアロマテラピーに癒され、とりこになっていくことでしょう!
[PR]
by aura-lagrace | 2005-09-20 00:41 | アロマテラピーのいろは

ホリスティックライフとは?

ホリステッィクライフとは、人の健康をある一面だけでとらえるのでなく、「体、心、魂」の総合的なものと考え、さらに社会的な存在としてだけでなく、自然や宇宙との調和をはかりながら生活することです。
d0056321_2281261.jpg


ホリスティックーHolisticという言葉はギリシャ語のホロスーHolos(全体の意)を語源とします。
これだけでなく、この言葉の派生語には以下のものがあります。
全体ーWhole、癒しーHealing、神聖なーHoly、健康ーHealth
これをご覧になるだけでも、すべてはつながっているということに気づかれるかもしれません。

ではホリスティックな生活をするとは具体的にはどういうことでしょう?

体に良い食事をすること?
質の良い睡眠をとること?
適度な運動をすること?

もちろんそれも大事ですが、それだけではありません。

私たちはそれぞれキャラクターも異なり、生活する環境も、人間関係も、持って生まれた体質や気質も、習慣も、あらゆる点で独特の個性を持った個別の人間なのです。
「これがいいよ」と言われるものをただやみくもにやったからといって、それがホリスティックというわけではありません。

あらゆる点でのバランスをはかること、様々な側面から「全体的」に見ること。それが最も重要なのです。自分自身を小宇宙と見立ててください。それはあなた独自のもので、他の誰とも違うユニークな個性です。まずは自身の小宇宙の調和をはかること。そしてそれが大宇宙ーつまり他の人々のユニークさを尊重しながら、自然を敬いながらー全体と調和していくことにつながっていく。ホリスティックに生きるとは、まるで丸いサークルのようなものだと私は常々思うのです。

誰かに必要なものが必ずしもあなたにも必要だとは限りません。
ひょっとしたら今のあなたに必要なのは、別の部分のバランスをはかることなのかもしれませんから。
だから心の声に耳を傾けて、聞いてみてください。
「今の私に必要な食べ物は何?」「今やると気分が良くなる運動は?」

あなたの導き手は、あなた自身の心の声です。

それではホリスティックライフを始めてみましょう!!
[PR]
by aura-lagrace | 2005-09-16 23:42 | はじめに

プロフィール

プロフィール詳細はこちらをクリック
もうひとつのプロフィール詳細はこちらをクリック

もうひとつのエキサイトブログは「透視カウンセラーERIKOのワンダフルライフ」をご覧下さい。
[PR]
by aura-lagrace | 2005-09-16 22:55 | プロフィール